コピーライターってどんな仕事?

shutterstock_171724835
Live出版の斎藤です。

弊社に応募してくれた方から、よく頂く質問があります。

それは、

「コピーライターってどんな仕事をするんですか?」

という質問です。

コピーライターと聞くと、
文章を書くというイメージは湧くと思います。

では、いったいどんな文章を書くのか?

あなたの家のポストを見てみて下さい。
たくさんのチラシが入っていると思います。

新聞や雑誌を開けば、たくさんの広告が載っていますよね。

これらは何のためにあるのか?

そう、それは何か商品やサービスを販売するためのものです。

簡単に言えば、コピーライターとは
「文章で商品やサービスを販売する」人のことです。

文章といっても、様々な媒体があります。

先ほど挙げた、チラシ、新聞・雑誌広告、サイト、メールなどなど。

どんな媒体を使ったとしても、
買い手に対して「メッセージ」を伝えることが求められます。

■コピーには2つのタイプがある

「売る」ためのコピーには2つのタイプがあります。

ひとつは、イメージを伝えるコピー。
もうひとつは、レスポンスを取るコピーです。

イメージコピーとは、雰囲気を伝えるための文章です。

例えば、

セブンイレブンのコピー
「セブン、イレブン、いい気分。」

味の素
「おいしさ、そして、いのちへ。」

SHARP
「目指してる、未来がちがう。」

企業のイメージを伝えるために、ユーモア、響き、リズム、覚えやすさ・・・などを重視したキャッチコピーです。

しかし、このイメージコピーそのものは販売する力が弱いです。

「セブン、イレブン、いい気分。」と聞いて
よし、セブンイレブンで買おう!とは思いませんよね。

iPhoneのCMなどはまさにイメージ広告。

ハイセンスさ、スタイリッシュなデザインなどが
独特な雰囲気の映像と音で伝えられていますよね。

(ちなみにiPhoneのCMはイメージ広告としては
とてもよく出来ていると思います)

イメージコピーはブランディング戦略でよく使われますが、
イメージコピーを広告やCMで使ったからと言って
すぐに売上が上がるといったものではありません。

■レスポンス型のコピー

ではもうひとつのレスポンスコピーとは何か?

これは、読んで字のごとく、反応を取ることが目的のコピーです。

イメージコピーとは違って、直接、買い手の反応を取るコピーです。

反応とは、購入、申込、問い合わせ、見積もり、、、
といった、利益にすぐ繋がる反応を取ることです。

iPhoneのCMと真逆なのが、ジャパネットタカタのCMです。

商品の魅力を存分に伝え、購買意欲を掻き立て、
今ならいくら値引き、送料無料・・・などなど、
今、あなたがこれを買うべき理由を徹底して伝えています。

これがレスポンス型の広告、コピーです。

そして我々が書いているコピーもこういった、
直接販売につながるタイプのレスポンスコピーです。

■コピーライター1人=セールスマン100人

コピーライティングの力は強力です。

本来、商品やサービスを販売するとしたら、
セールスマンが顧客のところに出向いて、営業を行います。

お客様の悩み相談に乗ってあげながら
商品の魅力を伝え購入してもらう・・・そんな流れです。

しかし、コピーライティングの技術があれば、
セールスマンが必要なくなります。

なぜなら、
一度書いた文章が勝手に顧客を連れてきて、
勝手に商品を売ってくれるようになるからです。

WEBサイト、チラシ、広告。

どんな媒体でも、買い手に対して
購買意欲を最高に刺激できる文章を書ける。

それが弊社で定義するコピーライターです。

コピーライティングの力を一度身に付けると
一生くいっぱぐれることがありません。

なぜなら、紙とペンさえあれば、
すぐにお金を生み出すことが出来るからです。

チラシの文章の内容によって、売り上げが10倍違うこともあります。

また文章がこれから先無くなる、なんてことはあり得ないので
コピーライターの需要がなくなることはありません。

売れるコピーが書ける力は、生きる力とも言えます。

■オススメのコピーライティングの入門書

ジョセフ・シュガーマンという全米NO.1のコピーライターがいます。

彼が実際に作って売れまくったチラシやダイレクトメールを紹介しながら売れる文章とは何なのか?コピーライティングの秘訣を語っている本があります。

これ、本当に面白いので、ちょっとでも興味があれば読んでみて下さい。

amazonでも売ってるし、ブックオフにいけば100円くらいで買えるかも。

オススメです。

51HZTX02SVL._SX341_BO1,204,203,200_
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>