【3分でわかる】そもそも空売りとは?正しいやり方と仕組み・買い戻しの方法を解説!

株の投資法の1つに、「空売り」というものがあります。空売りと聞くと、「空売りはリスクが大きいからやめたほうがいい。」とか、「空売りは儲かることができる!」などのように色んなイメージが思い浮かぶと思います。

しかし、実際に空売りってどんな取引なのでしょうか?空売りに興味があっても、やり方が分からなかったり、リスクを把握することができていなかったりすると、実際に取引を行うのは困難でしょう。

ただ、投資をやるのであれば、空売りの方法は知っておいて損はないと思います。そこでここでは、空売りとはなにか、空売りのリスクはどんなものがあるのかなどについて、紹介したいと思います。

空売りを覚えたら、新たな投資法が増えることにもなりますし、リスク管理の大切さにも気づけると思います!

この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。

空売りとは

空売り、空売りと言っていますが、空売りってそもそも何でしょうか?

空売りとは、信用取引の1つで、証券会社から株を借りて売り、その後に買戻しをすることで利益を得る取引のことを言います。証券会社から株を借りて売るということなので、自分では所有していない株でも借りることができれば、売れるということです。

実際に株を持っていなくても市場に参加できるということですが、空売りをするには、信用取引口座を持っていることが必須になってきます。

空売りは、株価が高いところで売りで入り、下がりきったところで買い戻すことで、その差額が利益になるので、下がれば下がるほど利益も大きくなることになります。

ただ、いつも上手くいくわけではありません。ときには、思っていた方向と逆方向に株価が動いてしまい、高値で買戻しをしないといけなくなることもあります。

そうなると損をしてしまうので、リスクを考えた取引が空売りを行う上では絶対に必要なことになります。

株やFXでの空売りの仕組みとは

空売りは、株にもFXにも存在する取引方法なので、ここでは、それぞれの空売りの仕組みについて、紹介したいと思います。

【株の空売りの仕組み】

まず、株の空売りの仕組みですが、通常株を売買するときは、買ってから売るというのが基本だと思います。しかし、空売りの場合は、証券会社に株を借りて、売りから入る取引になります。

例えば、株価が1,000円で1,000株借りるとなったら、100万円借りることになりますね。

空売りは、借りた後は必ず買戻しをして、借りた1,000株を返さなければなりません。

例えば、1,000円だった株価が800円まで下落したときに1,000株買い戻すと、80万円分買い戻すことになりますね。

先ほど、空売りしたときに100万円借りていましたが、80万円買い戻したことで、差額が20万円ありますね。

この差額である20万円が利益になるのです。

これが、株での空売りの仕組みになります。ちなみに手数料は、借りた分の金利を支払うことになります。使用する証券会社によって、若干異なります。

【FXの空売りの仕組み】

次に、FXでの空売りの仕組みですが、FXではあまり空売りという言葉を使わないでしょう。FXでの空売りとは、いわゆるショートポジションを持つことです。通貨を借りて売るということになるので、空売りと言われています。

例えば、1ドル100円の場所から10,000通貨売りで入り、1ドル90円になったときに買い戻しを(利益確定)することで、10円分の利益が出るという仕組みになるため、10万円の利益になるということになります。

FXの場合は、手数料というものではなく、スワップとして払っていくことになります。

そのため、売りポジションをずっと持っていたら、利益からスワップが引かれていくので、なるべく早く利益を出したいところですね。

ちなみに、買いポジションの場合は、スワップがプラスされるので、含み損だとしてもスワップ分、損が減ることになります。

空売りのリスクとは

「空売りはリスクが大きい」とか、「空売りは難しい」という声があるように、空売りにはそれなりのリスクが伴ってきます。というよりも、投資なのでリスクはつきものですね。

空売りのリスクは、やはり損をしたときが大きいというものでしょうか。買いと違って、空売りの場合は、どこまで損をするのか分かりません。そのため、含み損としてずっと持っていたら、損が増え続けることもあるのです。

また、株価というのは、どちらに動くのか、予想することしかできません。下がると予想していて空売りしたとしても、逆に上がってしまった場合、高いところで買い戻ししなければならないこともあるでしょう。

空売りには、期間が設定されているので、いつまでも持ち続けることができません。そのため、損だと分かっていても買いで入らないといけないときがあるのです。

さらに、空売りでエントリーしたときに、一気に買い戻しが入ってしまったときは、株価が下がりきれず、上がってしまうこともあるでしょう。

損が大きくなって含み損を抱えていると、最低証拠金維持率を下回ることもあります。そうなったら、追加の証拠金が必要なので、コストもかかります。

また、空売りは手数料というコストがあることも理解しておきましょう。空売りでのリスクを最小限のものにするためには、空売りのルールを決めなければなりません。

投資をするときは、感情で動くのではなく、ルールで動くようにしないと、必ず損してしまいます。そのため、空売りで損しているときは、損切りラインを決めておくことが大切です。

損切りラインを決めておけば、含み損が増えることもないですし、追い証が必要になることもないでしょう。少ない損なら、次のチャンスで埋めることができるので、空売りで損切りを決めておくのは、絶対に必要なことになります。

【空売りのリスクのまとめ】

  1. 損をしたときは買いと違ってどんどん増えていく
  2. 空売りしたところから株価が下がらず上がってしまったら高いところで買い戻しになる
  3. 空売りには期間がある
  4. 買いが一気に入る踏み上げが起きたら損が膨らむ
  5. 手数料がかかる
  6. 追証が必要なときもある

 

空売りの期間と期限とは

空売りには、期間や期限があります。だからこそ、空売りという取引方法が難しくもなるのですが。空売りには、一般信用取引と、制度信用取引があります。

一般信用取引の期間は、会社ごとで異なり、制度信用取引の期間は、6ヶ月と決まっています。損をしていて、買い戻しに入りたくないと思ったら、ずっと売りっぱなしにしておきたいと思いますが、空売りには、期間や期限が決まっているので、そういうわけにはいかないのです。この期間内での買い戻しが必須になります。

ただ、FXの場合は、期間や期限はありません。そのため、損をしていたら、証拠金に余裕があるなら、利益が出るまで放置することもできるでしょう。

しかし、持てば持つほど、スワップを払わないといけなくなるので、なるべくなら早いところで利益が出たほうがいいですね。FXも株の空売り同様にリスク管理は必要なので、レバレッジをかけすぎないように注意して取引しましょうね!

リスク管理ができる投資は投資と呼べますが、リスク管理ができない投資はギャンブルになってしまいます。

空売りで株不足に陥った場合どうなる?

空売りで株不足ってどういうこと?と思うでしょうが、空売りで株不足というのは、証券会社が貸す株が足りなくなっているということになります。株不足になると、証券会社は金融機関から株を借りてこないといけなくなります。

株を借りるということは、コストがかかるということにもなりますね。株不足においてかかってくるこのコストのことを、「逆日歩」といいます。

この逆日歩は、空売りをしている投資家が支払うことになります。逆日歩もリスクの1つになりそうですね。逆日歩を支払いたくない投資家は多いので、株不足になる前に、買戻しに入る人もいるでしょう。

空売りで、あまりに株価が左右されすぎると、空売り規制が入ることもあります。

空売りの関連用語とは

投資をしていると、専門用語みたいなものがたくさんありますよね。空売りにも、関連用語がいくつかあります。

事前に空売りの関連用語を知っておくと、空売りをする上でとても便利なので、ここでは、空売りの関連用語を紹介したいと思います。

空売りの関連用語①「空買い」

まずは「空買い」ですが、空買いも信用取引の1つです。証券会社から資金を借りて株を買うことを空買いといいます。

一定の保証金を預ける必要があるのですが、この保証金の3倍まで買うことができるといわれています。この保証金は、現金や現物株式になります。

空買いは、株価が安いときに買って、高くなったところで売り、その差額が利益になる投資法なので、空売りの逆だと思ってください。

空買いの期間は6ヶ月です。空買いが入ると、売ることが必須条件になってくるので、売りが集まることで株価が下落することもあるでしょう。

株価が暴落したら、リスクは大きくなりますが、資金が少なくても利益を出せる可能性があったり、投資できる銘柄が増えるというメリットもあります。

空売りの関連用語②「空売り残高」

空売り残高とは、空売り後に買い戻しがされていない株の数のことを言います。要するに、空売りされて、売りっぱなしになっている株のことですね。空売りが多く行われると、当然のことながら、空売り残高は増えていきます。

空売り残高が増えるということは、株は下落しやすいということになりますが、どこで買い戻しが入るかも分かりません。買戻しが集まったときは、株の急騰に繋がることもあるでしょう。

空売り残高は、証券会社のHPからチェックすることができるので、空売りをしようと思ったときは、空売り残高を必ず見ておきましょう。

空売りの関連用語③「空売り機関」

空売り機関とは、空売りを使って利益を取っている金融機関のことを言います。いわゆる、銀行や証券会社による空売りのことです。

野村證券や、みずほ銀行などが空売り機関に入っています。基本的には外資系が多いといわれています。空売り機関による空売りって、なんだか不正がありそうな雰囲気がしますが、空売り機関が空売りをするときは、情報を公開しなければならないというルールがあります。

空売り機関の情報は、空売りネットから調べることができます。

【空売りネット】

https://karauri.net/
空売り機関の波に乗って、便乗取引をしたら儲かりそうですが、空売り機関を嫌っている投資家もいるようです。

空売りの関連用語④「空売り比率」

空売り比率とは、空売りの集計を元にして出された指標のことです。これは、東証が公表しているものを元にして出しています。

株での売りは、現物の売りもありますが、空売り指標で出されるものは、空売りのみの割合になります。空売り比率を見ることで、買いでエントリーするかを見極める材料にすることもできるようです。

空売り比率は、30%を超えると売られすぎ、20%を下回ると買われすぎになるようです。

ちなみに、空売り比率が40%を超えたときの日経平均株価は、2万円台だったにも関わらず、18,000円台まで下落しています。

空売りの関連用語⑤「空売り規制」

空売り規制とは、株が売られすぎて、株価の売り崩しがあったり、市場の大混乱を避けるために、空売りを規制する行為のことです。空売り規制が入ると、51単元以上の新規売り注文を直近公表価格以下で発注するのが禁止されます。

空売り規制は、前日終値から10%以上の下落で入ってきます。空売りしているときに、空売り規制がかかると、株価が下げきれなくなるので、あまりいいこととは言えません。

値下がり率ランキングなどで、株価がどれぐらい下がっているのかをチェックすることもできるので、売られすぎていないか見ておくことも大切ですね。

空売りは買い戻しによって資産を増やせる!

空売りをしたときは、必ず期間内に買戻しをしなければいけません。空売りをして、どんどん株価が下がり、いいところで買い戻しをすることができれば、利益が確定され、資産を増やすことができます。

空売りは、株価が下落しているときにも、利益を出せる可能性があるというメリットがありますね。もし、空売りをしていなかったとしても、空売りをしている人たちの買戻しの踏み上げに乗ることができたら、新規買いで利益を出すこともできるでしょう。

ただ、踏み上げたと思ってエントリーしても、その後に買戻しが終了したら、株価が下がってくることもあるので、タイミングは非常に難しいといえるでしょう。

空売りする際の買い戻しの方法とは

空売りをしたら、買戻しをしないといけませんが、買戻しのタイミングは株価が下落したときです。下がれば下がるほど、買い戻す絶好のチャンスとなるので、投資家の投げ売りがあったときは、最高のタイミングになるでしょう。

買戻しは、空売りした株の数全てを一気にしてもいいのですが、「もしかしたらもう少しさがるかも?」と思ったときは、半分買戻し、半分保有して、もっと下がったところで買い戻すという技も行うことができます。

ただ、相場がどうなっていくかは分からないので、利益が出るなら、欲を出しすぎずになるべく早めに買戻しをしたほうがいいでしょう。

もし、買戻しが集まった踏み上げに巻き込まれてしまうと、高値での買い戻しになって損をしてしまいます。投資は利益が小さくても大きくても勝てばいいのですから、無駄な欲は捨てましょう。

買戻しをするときの発注方法ですが、指値でも成り行きでもどちらでも大丈夫です。

空売りの際に気をつけたい「空売り規制」

空売りをするということは、その株価が下がると思ったときですよね。
下がると思って空売りをしたのに、空売り規制が入ると下げにくくなってしまいます。そのため、空売り規制が入ると、損を最小限にしようと買い戻しに入る投資家もいます。

そうなると、どんどん株価があがってしまうので、損する可能性が高くなってしまうので、ここは気をつけたいところですね。

ただ、空売り規制が入って一時的に株価が上がっても、その後下落することもあります。なぜ空売り規制が入ったのか、ニュースなどで理由を調べてから、対処法を考えるようにしましょう。

空売り規制銘柄とその後の株価の動きとは

空売り規制は、前日終値から10%以上の下落=トリガー抵触となった銘柄が対象になります。空売り規制は、51単元以上の空売りが禁止で、翌日の営業が終わるまで規制が続きます。

空売り規制が入ったときの株価の動きですが、株価の下落スピードが緩やかになると言われています。空売りしていた人たちが買い戻してくると、株価は上げやすくなります。

この買戻しを狙って、新規買いでエントリーする人もいるようです。

空売りは青天井に大損してしまうものなの?

「空売りは青天井に損をする」という言葉がありますが、青天井に損というのは、損がどんどん増え続けて損が大きくなりすぎるということです。

株価が上がるごとに損をしてしまうので、どこまで上がるか分からない株価を空売りしているときは、損が膨れ上がってしまうのです。

ただ、最近の株価を見ていると、比較的落ち着いた動きをしているので、バブルのような急騰は考えにくいといわれています。そのため、空売りは青天井ではないという投資家もいるのです。しかし、東京オリンピックまでは、上げやすいかもしれないですね。

空売りの青天井にならないためには、損切りルールを作ることが大切です。た、信用買いや現引き決済を利用して、買いでヘッジすることで、空売りの青天井を防ぐこともできます。

いわゆる、両建てというやつですね。買いでヘッジすることで、損と利益を相殺したり、買いの利益で売りの損をカバーすることができたら、結果、少しの利益を取ることもできるかもしれません。空売りを成功させるためには、逆張りをしないことも大切ですね。

実践!空売りのやり方まとめ

ここまで、空売りについて見てきましたが、空売りのやり方をここでまとめでおきましょう。まずは、空売りをするには、信用取引口座を作ることが大切です。

次に銘柄検索をして、空売り注文をし、期間内に買戻しをするのが、空売りの方法です。自分が使う口座の使い方を、取引の前にしっかり把握しておきましょう。

そして、リスク管理は先にしておき、ルールを決めてから空売りに挑みましょう。

空売りは手数料もしっかり意識する!

空売りには、手数料がかかってきます。この手数料は、結構かかってくるものなので、ばかにならないと思っていてください。

空売りにかかる手数料は、借りた分の金利、信用取引貸株料、信用管理費、信用取引名義書換料、委託手数料、品貸料などです。

「そろそろ利益が出る!」と思っていても、手数料を引くと、損していたり、思ったより利益がなかったりもするので、手数料もしっかり意識したトレードをしましょう。

SBIでの空売りのやり方と手数料

URL:https://www.sbisec.co.jp/

SBIでの空売り方法は、SBIで信用取引口座を作り、ログインします。そして、銘柄を決めて、株数を決め、注文をします。発注するときは、最後に本当に内容が正しいかチェックしてから行いましょう。

SBIでの手数料ですが、SBIにはスタンダードプランとアクティブプランというものがあります。

スタンダードプランもアクティブプランも、5,000万円以上の前営業日の新規建約定代金合計または前営業日の建玉残高があれば手数料は無料です。

5,000万円未満の場合、スタンダードプランは、10万円未満の約定代金で90円、20万円未満なら135円、50万円未満で180円、50万円を超えると350円です。

アクティブプランは、10万円未満の約定代金なら0円、50万円までなら239円、100万円までなら477円です。

楽天での空売りのやり方と手数料

URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天での空売りのやり方は、まずは信用取引口座を開設します。ここで、3営業日必要になります。次に、委託保証金を入れて、銘柄を決め、注文をします。

最低保証金維持率20%を下回ったら追証金が必要になります。楽天の空売りの手数料は、10万円までの約定代金で90円、20万円までで135円、50万円までで180円、50万円超えたら350円です。

楽天では、超割コースという大口優先のものがあり、このコースに入れた人は、約定代金関係なく手数料は0円です。

マネックスでの空売りのやり方と手数料

URL:https://www.monex.co.jp/

マネックスでの空売りのやり方ですが、マネックスには、通常の信用取引と、スタート信用という2つのコースがありますが、空売りの場合は、通常の信用取引を選んでください。

口座を開設して銘柄を選び、エントリーします。スタート信用は、買い建てのみで、建玉は500万円までです。マネックスでの空売りの手数料は、10万円までの約定代金で95円、20万円までで140円、50万円までで190円、100万円までで355円です。新たに信用口座を開設したときは、31日間手数料無料です。

カブドットコムでの空売りのやり方と手数料

URL:https://kabu.com/

カブドットコムでは、信用口座を作り、お取引画面から銘柄を選び、売り新規を押して確認画面を出し、注文をします。

カブドットコムの空売りの手数料ですが、10万円以下なら99円、20万円以下なら179円、30万円以下なら249円、40万円以下なら349円、50万円以下なら449円です。

3,000万円以上~5,000万円未満の、前営業日の建玉残高や、前営業日の新規建約定代金合計があれば、手数料は5%引き、5,000万円以上6,000万円未満なら30%引き、6,000万円以上なら0円になります。

空売りの手数料徹底比較!

空売りは手数料も大切になってくるので、証券会社の空売り手数料を表で見てみましょう。

証券会社 10万円までの
手数料
手数料が0になる条件 特徴
SBI 90円 5,000万円以上の前営業日の
新規建約定代金合計
または前営業日の建玉残高
・スタンダードプラン、
アクティブプランがある
・手数料が安い
楽天 90円 超割コースの加入 ・手数料が安い
マネックス 95円 新たに信用口座を
開設したときの31日間
・手数料少し高め
・手数料のキャッシュバックがある
(条件あり)
カブドットコム 99円 6,000万円以上の前営業日の
新規建約定代金合計
または前営業日の建玉残高
・手数料高め
・残高に応じて手数料の割引制度あり

まとめ

空売りについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?空売りには、株価が下落していても市場に参加して利益を出すことができるというメリットもあれば、リスク管理をしないと損が大きくなるというデメリットもありますね。

空売りをするときは、リスクを十分に把握し、自分のルールをつくり、必ずルールどおりの取引をしていきましょう。投資は、感情移入よりも、機械的にしたほうがうまくいくとも言われていますね!